電話占いの占術透視について

透視(とうし)とは、通常の視覚に頼らず、外界の状況や時間軸を超越した事象を視覚的に認識する能力、所謂「超能力」に分類される能力です。
超能力と言われると怪しく思われるかもしれませんが、なんとアメリカFBIでは専門の部署が創設されていて、行方不明者の捜索、犯人の逃亡先などを日々、透視能力を使って捜査協力している事実がございます。
他にも第二次世界大戦時に重要な作戦を左右する会議で意見を求められた実績が歴史的にも各国に残されています。日本でも定期的に某有名テレビ局や警察等と協力し、過去の事件の真相に迫ったり、行方不明になっている人の新たな手がかりなどを発見したりと、その活躍は現在でも目覚ましいものがございます。

透視能力は、術者の能力に大きく起因するため、発動方法も様々です、こめかみに手をやり目を瞑る術者や、身につけているアクセサリーを霊媒にして祈るように視る能力者もございます。
共通しているのは、目の前の事象ではなく、遠く離れた現在や、過去の現実や未来のヴィジョンを視るために目を瞑る能力者が多いと思います。
(または焦点がぼやけて合わなくなる人もまれにいます。)透視したイメージは視覚情報で得られルので、術者は口頭やスケッチ等で透視したヴィジョンを共有する場合があります。
過去には稀に超能力の疑似系統の念写を利用して写真に写してしまう能力者もございましたが、感光フィルムやポラロイドカメラの減少により、デジタルカメラとの念写方法が確立されずに、ほとんど見受けなくなりました。
電話占いとの透視能力はとても相性がよく、とくに電話なので視覚情報に頼らないため、透視術を駆使する占い師には透視に集中出来るので、より明確にハッキリとしたイメージや、遠方や過去や未来への時間軸の超越にもスムーズなアプローチがとれると高評価を得ています。
透視を経て得られた情報を占い師の知識と経験を通して、有意性の高いアドバイスへと昇華してもらえます。

占術方法は先生により発動条件が異なるので、一概には申せませんが、電話占いの場合、相談内容に合わせて、「探し物(人)の場所」「想い人の現在(または過去)」「相談者の人生の分岐点での行動」などが見えることが多いようです。
その他にも相談いただければ、様々なイメージを視ることが可能なので、「何を見てもらうべきか」も含めて相談していただくのもいいでしょう。