電話占いのカバラ占術(Kabbalah)について

電話占いのカバラ占術 / Kabbalahについて

カバラ占術 / -Kabbalah-及びカバラ式占術とはカバラ数秘術とも呼ばれ、誕生日や姓名を独自の計算式に当てはめて数値化し、その各々の数字に運命づけられた意味や宿命からその人生を読み解いていくことを基本としております。
数秘術にはその他ピタゴラス式などもあります。

カバラ数秘術:あなたの誕生(運命)数の計算方法

カバラ数秘術では、誕生日や姓名を1つ1つの数字に置き換えて「足し算」することにより、誕生(運命)数を導き出します。

  • 誕生日の数字を1つ1つの数字に分けて足していく(1977年4月17日の場合、1+9+7+7+4+1+7=36)
  • 足した和が2ケタの場合、それも2つの数字に分けて足し算する(36なら、3+6=9)
  • マスターナンバー11,22,33 が出てきたときは足し算せずにそのまま扱います。
電話占いでカバラ占術を使える電話占い鑑定士は
コチラの占い師さんです

カバラ-Kabbalah-とは

カバラ(קַבָּלָה qabbalah, Kabbala, Cabbala)とは、ユダヤ教の伝統に基づいた創造論、終末論、メシア論を伴う神秘主義思想です。独特の宇宙観を持っていることから、しばしば仏教における密教との類似性を指摘されることがあります。しかし、これはもっぱら積極的な教義開示を行わないという類似性であって、教義や起源等の類似性のことではありません。
カバラはヘブライ語の動詞キッベール「受け入れる」「伝承する」の名詞形で、「受け入れ」「伝承」を意味します。カバラが登場する以前のゲオーニーム時代には、単に口伝律法を指す言葉として用いられていました。したがって、その後ユダヤ教神秘主義を指す呼称となった際にも、個人が独自に体得した神秘思想というよりは、神から伝授された知恵、あるいは師が弟子に伝承した神秘という意味で用いられることになります。 カバラはユダヤ教の伝統に忠実な側面を持とうとしたという点において、他の宗教の神秘主義とは異なります。本来のカバラは、ユダヤ教の律法を遵守すること、あるいは神から律法の真意を学ぶことを目的としました。したがって、正統的なユダヤ教との親和性を持っていた時期もあったため、必ずしも秘教的な神秘思想とは言えません。しかし、キリスト教の神秘家に採り入れられるようになると、ユダヤ教の伝統からは乖離した極めて個人的な神秘体験の追究の手段として用いられることになるのです。

カバラの思想

カバラでは世界の創造を神エイン・ソフからの聖性の10段階にわたる流出[要曖昧さ回避]の過程と考え、その聖性の最終的な形がこの物質世界であると解釈をする。
この過程は10個の「球」と22本の「小径」から構成される生命の樹(セフィロト)と呼ばれる象徴図で示され、その部分部分に神の属性が反映されています。
したがってカバラは一神教でありながら多神教や汎神論に近い世界観を持ちます。
別の解釈ではこの世界を一冊の書物とみなします。
すべてが書き込まれているこの書を解読することはこの世界のすべてを理解することなのです。
そしてその書はヘブライ文字の22文字で書かれており、それぞれの文字が宇宙の原理となる要素を象徴しているといいます。
それゆえ、そのヘブライ文字のアルファベットを解読することが重要な鍵となるのです。
また、聖書無謬主義から一見矛盾している旧約聖書の記述を神秘主義的解釈を用いて影響を受け読み解いてゆきます。
一例として創世記冒頭の天地創造には人間創造の場面が二回出てきます。
文献学的にはこれは別系統の神話を一つの書物に統合した為に生じた矛盾と考えられているが、カバラでは実際に人間創造が二回(またはそれ以上)行われたと解釈されます。

電話占いでカバラ占術を使える電話占い鑑定士は
コチラの占い師さんです