「小池グリーン」も計算のうち!!? 色を使い分けて勝つ「カラー診断」で占った小池百合子都知事の実力!!

東京都知事選で当選した小池百合子氏が車から降り立った小池氏は白いパンツスーツ姿で、胸元から見えるインナーの青がアクセントになっていました。
「緑は戦闘服でございますので、戦いが終わったということで、ブルーオーシャンでいきたいと思っています」と述べた小池都知事、“百合子グリーン”を封印したことを語りました。
一方で青色は“大洋”のみならず、“平和”や“信頼”も意味し、まさに小池氏が知事として都政に賭ける意気込みが体現された色だといえるのです。

 小池百合子都知事は都知事選に際して緑色のスーツを身に纏い、選挙事務局やイメージカラーも全て緑一色にして当選を勝ち得たことにより、「小池グリーン」というキャッチフレーズまで誕生し、小池百合子といえば「緑」というイメージが定着しました。
実際のところ、小池都知事が緑を多用するようになったのは防衛大臣就任以降で、それ以前からTPOに合わせて様々な色のスーツを使いこなして見る人、会う人に好印象を与えて信頼を勝ち得てきました。
小池百合子都知事の着た色からどのような効果があったのか、カラーセラビーやカラー診断に精通した電話占い鑑定師の先生に伺ってみました。

小池百合子東京都知事のオーラの色は…!?

小池百合子都知事の本来のオーラは「黄色」と「白」です。
人は内包する精神の色が存在しその特性、性格により色が異なります。
通常複数の色のオーラを持っており、生まれ持った先天的な色、環境によって培われてきた後天的な色、現在の感情や体調を表す色で層をなしていることが多いのです。見え方は能力者によって微妙に異なりますが、炎の火元が黄色で火先に向かって青や赤に変化していくようにみえたりします。
さて、小池百合子さんのオーラの色は「黄色」と「白」が強く見受けられます。
「黄色」とは明るく華やかな意味があり「白」様々な色に染まれるピュアな色であると同時になにものにも侵されていない純真無垢の光という力も意味されています。
小池百合子さんは、このご自分の特性をよく理解されているか、有能なカラーセラピストのアドバイザーがお近くにいるのではないでしょうか。すごく理に適った方法で色を使いこなしてらっしゃいます。

池百合子東京都知事のパフォーマンスを最大限に引き出すカラーは!?

小池百合子さんの戦闘服として能力を最大限引き出すカラー「緑」で選挙に勝つ。
緑という色は黄色との相性がすごく良いのです。
緑色自体の特性は、沈静色、重量色といった効果が色の特徴としてありますが、中間的な色(中性色)なので周辺の色によってイメージ効果は左右されます。
心感や安定、調和を表す色です。木や森などの自然の色でもあるので気持ちを穏やかにし心をリラックスさせてくれます。
黄色と青色の混色でも作られる緑は2つの色と似たイメージも持っています。
控えめな色なので他の色とバランスがとれます。
五感のなかで嗅覚と関係が深いのが緑色です。
においや香りから得る安心感やリラックス感と繋がります。
対して、黄色は有彩色の中で一番明るい色です。
光や太陽のイメージが浮かびます。
見ているだけで心を弾ませ楽しい気分にさせてくれるのでコミュニケーションを円滑にしてくれます。
知性を刺激し行動を活性化してくれます。
昼夜問わず認識しやすいので注意の色として使われます。
光の三原色の黄緑色と色の三原色の黄色は、同じ意味を持っており、原色の中でも根源的で非常に強い色なのです。
小池都知事はご自分の黄色に近く、ご自身の「白」を「緑」染めることにより、通常の数倍の個性を発揮なされたと推測できます。
選挙戦においてはご自身の主張、個性の発揮、他者との違いを色濃く出すことにより、注目を集め、票も集めることができるようになっと思います。

coikecolor

そして、都知事になった暁には、白のスーツに青のアクセント…。
白色は灰色や黒色と同じ無彩の色です。光を反射する最も明るいこの色は暗い色を引き立てます。
信頼感や清潔感といったクリーンなイメージを与えるので高い好感度があります。
光を透過する白は健康には一番良い色とされています。白の真っさらな状態は始まりや出発といったスタートを印象づけます。
清潔な印象を与え、実際よりものを軽く感じさせることができ、始まりを感じさせます。
汚してはいけないと思わせる心理を働かせて、気分を一新、広さを感じさせることができます。
白のイメージからなる性格は次のようなものがあります。
白が好きな人の性格もこのような傾向があります。
意志が固い、正義感が強い、理想主義、潔癖、純粋、正直、素直、真面目、いつも自分は正しい、無駄なことが許せない、理想に向かって努力する、シンプルなことが好き、人を信じる、嘘が嫌い、暗いのが怖い、神様を信じている、完璧主義者、機能的実用的なものを好む、世間離れした所があるなど、都知事としての清廉潔白ぶりと正義の使者としてイメージを体現しているのです。
そこに加えて、青からは空や海、水といった広大な自然のイメージが浮かびます。
爽やかな空、生命の源の海、体に不可欠な水と接する機会が多い色です。
好感度が高く、世界的に見ても一番人気が高い色の系統です。好む人が圧倒的に多く嫌う人が少ないというのも特徴となっています。
集中力を高める効果があり、興奮を押さえ、気持ちを落ち着かせることができ、時間経過を遅く感じさせるのです。
他にも信用できる、戦略的、ストイック、プライドが高い、冷静、常識人、慎重、相手を尊重する、思いやり、気配り、謙虚、サポーター、品性がある、世間体を気にする、控えめ、ミスを許さない、遊び心に欠ける、冷たい印象、ルールにとらわれる、ノリが悪い、自分をおざなりにする、人にも気を遣わせる、責任のない場所に安住、意思が弱い、八方美人、優柔不断、静かにしていたい、自分がどう見られているか気になる、恥ずかしがり屋、知的でいたい、というイメージもあるので、こちらは都庁内の職員や政治家にむけた強いメッセージを感じます。

このように、色を着こなして相対する様々なひとへの印象を無言のうちにコントロールすることができる小池百合子都知事の都政に大注目です。
今後も大事な場面で何色を着ているのか、その色からどのような意味が汲み取れるのかみなさんもよく注意してみるとよいでしょう。

カラー診断で口コミによる評価の高い先生は
コチラの先生です。