電話占いの占術紫微斗数(しびとすう)について

古代中国の唐時代末から宋の時代にかけての有名な仙人であった陳希夷が創始した占術が紫微斗数(しびとすう)です。
紫微斗数の名前は、北極星(太一、天皇大帝)である紫微星を主とする星々から運命(=数)を量る枡(=斗)を意味してつけられたと語り継がれております。
中国や台湾ではよく知られており、子平(八字、四柱推命)と併用されることもある占いです。
日本では最近徐々に知られてきましたた。
もっとも日本においても第二次大戦以前から阿部泰山が紫微斗数の講習を行っており、これは香港や台湾における紫微斗数の流行に先駆けていました。
現代の紫微斗数は、陳希夷18代の子孫を自称する羅洪先が明の嘉靖29年(1550年)に出版した『紫微斗数全書』を原典として、その上に各派独自の解釈を加えた幾つかの流派に分かれています。
その内容は、太陰太陽暦をもとにした占術で、主に生年月日時を基にして個人の特性や巡ってくる運勢を占う、いわゆる命占術の一つです。 配置は異なりますが、西洋占星術のハウスと同じ概念の十二宮へ暦から算出される星を配置し、その星の吉凶象意から占います。星の配置にあたっては、天体の実際の位置は考慮されません。
紫微斗数では多くの『星』を使用して占いますが、それらの『星』は重要度を基準とした分類がなされている。
重要度の高い『星』のほとんどが実在する天体に起源を持っていると考えて良く、実在する天体としての星と同じ名前を持っています。
紫微斗数では特に北斗七星と南斗六星が重要視されており、特に重視される甲級星の大多数はこの2つの星座に起源を持っています。
甲級星のいくつかと実際の星の対応は以下のようになっております。

紫微垣

北極星 – 紫微(甲級主星)

北斗七星

  • 大熊座α星 – 貪狼(甲級主星)
  • 大熊座β星 – 巨門(甲級主星)
  • 大熊座γ星 – 禄存(甲級補星)
  • 大熊座δ星 – 文曲(甲級補星)
  • 大熊座ε星 – 廉貞(甲級主星)
  • 大熊座ζ星 – 武曲(甲級主星)
  • 大熊座η星 – 破軍(甲級主星)

南斗六星

  • 射手座ζ星 – 天府(甲級主星)
  • 射手座τ星 – 天梁(甲級主星)
  • 射手座σ星 – 天機(甲級主星)
  • 射手座φ星 – 天同(甲級主星)
  • 射手座λ星 – 天相(甲級主星)
  • 射手座μ星 – 七殺(甲級主星)

中天

  • 太陽 – 太陽(甲級主星)
  • 太陰 – 太陰(甲級主星)

北斗七星の中で実際に等級が低い禄存、文曲の2星は、甲級ではあっても補星となっています。
結局、紫微、貪狼、巨門、廉貞、武曲、破軍、天府、天梁、天機、天同、天相、七殺、太陽、太陰の14星が甲級主星と呼ばれており、紫微斗数において最も重要な働きをします。
特に「どのような」といった象意の主要な部分と吉凶の判断は甲級主星から判断します。
このように学問としても非常に意義と歴史の奥が深い紫微斗数を電話占いで鑑定することができます。

紫微斗数(しびとすう)を使える電話占い鑑定士は コチラの占い師さんです