羽衣音(ハイネ)先生の当たると評判の口コミ

羽衣音(ハイネ)先生のプロフィール

口コミ(1件)
評価: (平均:評価なし)
名前 羽衣音(ハイネ)先生
鑑定歴 15年
占術 透視・霊感・霊視・霊感タロット・タロットカード・未来予知・リーディング・エンジェルカード・風水・姓名判断・西洋占星術・九星気学・ハイヤーセルフメッセージ・オリジナル占術
相談内容 出会い・相手の気持ち・不倫問題・仕事・職場の人間関係・起業・就職・転職・進路・セクハラ・パワハラ・夫婦問題・子育て・いじめ・うつ・こころの問題・ご先祖様・運勢・開運方法
所属サイト 電話占い ピュアリ
鑑定料金 1分 260円(税込)

羽衣音(ハイネ)先生の紹介

独学だから出会える マジ当たる鑑定羽衣音(はいね)先生のご紹介です。
皆様は運命の傾向について考えたことがございますか?
自分とは縁がないとお思いの方々、それは大間違いです。
物心がついた頃の記憶を思い出すことがあると思いますが、それを具体的に詳細を表現出来る方は多くないのです。
例えば幼い頃に、①負けず嫌いだった、勝つまで続けた、もしくは、②常に勝っていた、だから負けてもよかった、と二通りの考え方のどちらかに共感できたかと思います。
①勝つまで続けた、の場合は、自信は十分にあるのに負けてしまった。
ではどの様にすれば勝てるのか?を考えていない、あまりよく知らない、数熟せば、という解釈になる。
そして②の場合は、常に勝っていたは、勝ち方を知らない人間よりも勝ち方を知っていたから、という解釈になる。
これ等に存在する傾向には、必ずと言っていいほど育った環境と言えるのではないでしょうか。
①負けず嫌いの場合は、負けた時に悔しいと思う、その瞬間に良く頑張ったね、と大きく褒めてもらえたに違いない。
また、②常に勝っていたは、勝ち方を知っていた、しかし褒められることは少ない。
勝つことを褒められない環境であれば、その価値も低く、または、勝ち方を知らない相手に勝ってしまうということの罪悪感を抱えてしまう可能性も高い。
この①、②のパターンはあくまでも、ある一部の事例ですので、皆様とは違う環境と言えますが、とても似ている境遇があったと、思い出させるような内容にも思えます。
この様に、育った環境や意識の違いで、どちらかが正解とは言えない、偏った傾向に陥っている可能性は高いです。
ということは、その傾向を違う方向へ指し示して行くことで新境地は開けるんです。
右、左、二つの方向に分かれている道、いつもは右に行くけど、今日からは左に切り替えて行こう。
そう思えることが次のステップです。
羽衣音(はいね)先生に、ご相談者様の運命の傾向を知っていただいて、本当の良い方向に進んでいけるように、そして人生の転換が起こせるように、特別な鑑定をしていただいてくださいませ。
良い結果がもたらされることを、私達は心から願っております。

羽衣音(ハイネ)先生のコメント

羽衣音(ハイネ)先生
電話占いピュアリ専属鑑定師の《羽衣音(はいね)》と申します。私は、運命の意味というものに着目しております。運命とい言葉を簡単に発してしまう傾向にある人間社会で、その運命とやらに惑わされてしまうことも懸念されてしまいます。そこで、私は占いによって変化が起きるであろう運命の傾向というものについて考えておりました。人は、この世に生を授かり、私たち人類は文明を切り開いて来ました。一つ一つの存在には意味を持ち、繰り返される時代と共に形と化して来ました。類を見ては比較をし、大小や強弱、能力を競うように、現代の人類は進化して来たわけです。人は、運命に逆らえない瞬間があります。それは産み落とされる瞬間です。どんな形に産まれて来たにせよ、そこに命が宿っていれば、それ等、物事に対して比べるという傾向にあると思います。それは産まれた時点での成り行きのようなもので、それが運命(さだめ)となり、逆らえないものとなります。しかし、その意思があることで、手段を選択し比較することで自分像を形成して行くことが出来ます。そして、その命を継続して行くわけです。人は、生を授かった瞬間に、ある程度の決められたレールには乗りますが、物心ついた頃からは自分で選択できるようになります。そこからは自分の責任です。しかし、突然に責任を押し付けられることは嫌気が差します。だからこそ突然に出現した、運命の傾向に気付いた方には、真っ先に《羽衣音(はいね)》にご相談いただきたいのです。私は、皆様のお声を聞いているだけで、その運命の傾向がわかります。そして、私のタロットには、お相手様のお声が聞こえて来ます。恋愛、仕事、その他の事柄全て、ちょっとした言葉の使い方で関係性が修復されることが多々あります。それをお教えしたいと思っております。対人関係、家庭の問題等も自分のこだわりという、傾向を変化させることで良い結果、良い傾向に進展して行くのです。お気付きに際には、一度お電話をいただければと思っております。